ハイドロキノン配合の美容液を選ぶために欠かせないポイント

劣化しにくい処方になっているかをチェック!

ハイドロキノンは光や酸素に弱いという性質があります。つまり、光や酸素によって変質してしまい、本来持っている効果を発揮できなくなる可能性があります。しかも、変質してしまったハイドロキノンは肌にダメージを与えてしまうので、光や酸素の影響を受けない処方で作られているかをチェックしましょう。

浸透力を高めているかをチェック!

シミを薄くするにはハイドロキノンをメラニンまで届ける必要があります。しかし、ハイドロキノンそのままの状態だと分子が大きいため、メラニンまで浸透させることができません。ハイドロキノンをナノ化するなどして浸透力を高めて、メラニンまで届くように作られているかをチェックしましょう。

ハイドロキノンが時間差で浸透するかをチェック!

美白効果を早く実感するためには、メラニンに長時間にわたってハイドロキノンを浸透させる必要があります。しかし、ハイドロキノンは肌に負担となるため、頻繁に肌につけるのは良くありません。ですから、1回の塗布でも時間差で、ハイドロキノンが浸透することで、一晩中メラニンに浸透するように設計されているものを選びましょう。