ハイドロキノン配合の美容液は皮膚科専門医開発のものを選ぶべき

肌への負担を抑えつつ、美白効果を実感するには?
シミを薄くする成分の中で最も効果的といわれ、皮膚科でシミ治療薬として処方されるのがハイドロキノンです。しかし、ハイドロキノンは肌への刺激がとても強く、肌荒れを起こしてしまうという副作用を伴うことがあります。ですから、ハイドロキノンを化粧品に配合する場合は、美白効果と副作用のバランスを考慮する必要があります。

このバランスを間違ってしまうと、肌に負担をかけてしまうので、ハイドロキノンの扱いに慣れている皮膚科医が開発に携わっているものを選ぶことを強くおすすめします。皮膚科医は日頃からハイドロキノンを処方しているので扱いになれており、どの程度までなら配合して良いのかを熟知しているので、安心して使えるバランスできちんと配合しています。

ハイドロキノン配合の美容液を選ぶために欠かせないポイント

劣化しにくい処方になっているかをチェック!

ハイドロキノンは光や酸素に弱いという性質があります。つまり、光や酸素によって変質してしまい、本来持っている効果を発揮できなくなる可能性があります。しかも、変質してしまったハイドロキノンは肌にダメージを与えてしまうので、光や酸素の影響を受けない処方で作られているかをチェックしましょう。

浸透力を高めているかをチェック!

シミを薄くするにはハイドロキノンをメラニンまで届ける必要があります。しかし、ハイドロキノンそのままの状態だと分子が大きいため、メラニンまで浸透させることができません。ハイドロキノンをナノ化するなどして浸透力を高めて、メラニンまで届くように作られているかをチェックしましょう。

ハイドロキノンが時間差で浸透するかをチェック!

美白効果を早く実感するためには、メラニンに長時間にわたってハイドロキノンを浸透させる必要があります。しかし、ハイドロキノンは肌に負担となるため、頻繁に肌につけるのは良くありません。ですから、1回の塗布でも時間差で、ハイドロキノンが浸透することで、一晩中メラニンに浸透するように設計されているものを選びましょう。

全ての条件を満たしたハイドロキノン配合の美容液はこれ

おすすめはアンプルール「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」
劣化しにくい新安定型ハイドロキノンを配合
⇒ ハイドロキノンを光や酸素から守る「BCDAC」で覆った新安定型ハイドロキノンを配合しているので、劣化の心配はありません。
ハイドロキノンをマイクロカプセル化
⇒ ハイドロキノンを極小のマイクロカプセルに入れているので、浸透力が大幅にアップし、メラニンまでしっかりと届けることができます。
時間差で浸透する独自設計
⇒ マイクロカプセルと「BCDAC」という2つの層で覆っているため、ハイドロキノンが溶け出すまでに、時間差が生じ、長時間にわたって、メラニンにアプローチできます。

肌に優しいのに即効性が期待できるのは新安定型ハイドロキノンを配合したアンプルールだけ!